Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 15.4.1」「iPadOS 15.4.1」でゼロデイ脆弱性を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新版OS「iOS 15.4.1」「iPadOS 15.4.1」をリリースした。すでに脆弱性は悪用されていると見られる。

「AppleAVD」における域外メモリへ書き込みを行う脆弱性「CVE-2022-22675」に対処したもの。

脆弱性を悪用されると、アプリケーションよりカーネル権限でコードを実行されるおそれがある。同脆弱性が悪用されているとの報告についても把握しているという。

脆弱性の判明を受けて同社はスマートデバイス向けに「iOS 15.4.1」「iPadOS 15.4.1」をリリースした。

同社では、あわせてMac向けに「CVE-2022-22675」をはじめ、2件の脆弱性を修正した「macOS Monterey 12.3.1」をリリースしている。

(Security NEXT - 2022/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正