Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

申請者の個人情報を無関係の自治体へ誤送信 - 豊能町

大阪府豊能町は、申請者の個人情報を添付したメールを、関係ない大阪府の職員や府内市町村宛てに送信するミスがあったことを公表した。

同町によれば、申請者から預かった書類をPDFファイルにしてメールで送信した際、誤って大阪府の職員や府内市町村の福祉担当部局など担当ではない45件の宛先に対して送信したもの。3月7日13時過ぎに担当者がミスに気が付き、上長に報告した。

誤送信したファイルには、申請者および家族2人分の氏名、預金情報、収入に関する情報が記載されていた。

担当者がメールを作成する際、相手から過去に受信したメールを使用して作成。府内のすべての福祉担当部局が宛先になるよう選択された状態のまま、本来の宛先に修正せず送信してしまったという。

同町では誤送信先に連絡して誤送信したメールを削除するよう依頼。13件は未受信だった。誤送信の対象となった申請者に対して、経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞
個人情報含むファイルを第三者へ誤送信 - 東急ウェルネス
特別支援学校のボランティア宛メールで誤送信 - 埼玉県