Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マット販売サイトに不正アクセス -顧客情報流出の可能性

キッチンマットやバスマットを扱う通信販売サイト「マット&ラグファクトリー本店」より顧客のクレジットカード情報が流出し、不正に利用された可能性があることがわかった。

同サイトを運営するオカによれば、脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。2021年7月27日までに同サイトで商品を購入したすべての顧客最大7086人の個人情報が流出した可能性がある。氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、職業、メールアドレスなどが対象だという。

さらに決済アプリケーションの改ざんにより、2020年12月30日から2021年7月10日までにかけて同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客最大1569人に関しては、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードのほか、ログインID、ログインパスワードなども被害にあった可能性がある。

2021年7月27日にクレジットカード会社から情報が流出した可能性があるとの指摘を受け、問題が発覚。同サイトでのカード決済を停止した。

外部事業者による調査は10月29日に完了。2021年12月27日に個人情報保護委員会に報告し、同日警察へ被害を申告した。対象となる顧客には2022年2月21日よりメールなどを通じて経緯の報告と謝罪を行っている。

同社では、同サイトの再開にあたりセキュリティ対策と監視体制の強化を行うとしており、再開日については、決定次第サイト上でアナウンスする予定。またアカウントについては再登録が必要になるとしている。

(Security NEXT - 2022/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

臨床研究で検査機関に個人情報を誤送付、すでに削除済み - 愛知医科大
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
JFEスチールとデロイトトーマツサイバー、セキュリティ会社を設立
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
「Google Pixel」に2件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを
中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市
廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市
プラネックス製無線LANルータ「MZK-MF300N」に脆弱性 - 使用中止を
中小規模製造業の工場におけるリスク対策を解説したハンドブック - JNSA
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料