Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マット販売サイトに不正アクセス -顧客情報流出の可能性

キッチンマットやバスマットを扱う通信販売サイト「マット&ラグファクトリー本店」より顧客のクレジットカード情報が流出し、不正に利用された可能性があることがわかった。

同サイトを運営するオカによれば、脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。2021年7月27日までに同サイトで商品を購入したすべての顧客最大7086人の個人情報が流出した可能性がある。氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、職業、メールアドレスなどが対象だという。

さらに決済アプリケーションの改ざんにより、2020年12月30日から2021年7月10日までにかけて同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客最大1569人に関しては、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードのほか、ログインID、ログインパスワードなども被害にあった可能性がある。

2021年7月27日にクレジットカード会社から情報が流出した可能性があるとの指摘を受け、問題が発覚。同サイトでのカード決済を停止した。

外部事業者による調査は10月29日に完了。2021年12月27日に個人情報保護委員会に報告し、同日警察へ被害を申告した。対象となる顧客には2022年2月21日よりメールなどを通じて経緯の報告と謝罪を行っている。

同社では、同サイトの再開にあたりセキュリティ対策と監視体制の強化を行うとしており、再開日については、決定次第サイト上でアナウンスする予定。またアカウントについては再登録が必要になるとしている。

(Security NEXT - 2022/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に