Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を

SonicWallのリモートアクセス製品「SonicWall SMA 100シリーズ」に深刻な脆弱性が明らかとなった問題で、悪用が観測されているとしてJPCERTコーディネーションセンターが注意喚起を行った。

同シリーズに関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性をはじめ、あわせて8件の脆弱性が2021年12月に判明。アップデートが提供されている。

バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2021-20038」「CVE-2021-20045」については、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアが、それぞれ「9.8」「9.4」とレーティングされている。

アップデートのリリース時点でこれら脆弱性の悪用は確認されていなかったが、その後実証コード(PoC)を含む詳細が公開され、2022年1月24日には「CVE-2021-20038」を悪用する通信が観測されたという。

脆弱性は「SonicWall SMA 500v」「同410」「同400」「同210」「同200」に影響があり、JPCERT/CCでは、対象製品の利用者に対して、すみやかにファームウェアを「10.2.1.3-27sv」「10.2.0.9-41sv」に更新するよう求めた。あわせて「9.0.0」系についてはサポートが終了しているとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供