Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性

McAfee Enterpriseが提供するセキュリティ製品のWindows向けエージェントに複数の脆弱性が明らかとなった。

権限管理の不備により権限の昇格が可能となる脆弱性「CVE-2022-0166」や、コードインジェクションの脆弱性「CVE-2021-31854」が判明したもの。

脆弱性の重要度は、いずれも「高(High)」。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアはそれぞれ「7.8」「7.7」とレーティングされている。

同社はこれら脆弱性やバグの修正を含む「McAfee Agent 5.7.5」を現地時間1月18日にリリース。利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処