Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消

データベース管理ツール「phpMyAdmin」の開発チームは、セキュリティに関する修正を実施したアップデート「同5.1.2」「同4.9.8」をリリースした。

今回のアップデートでは、ユーザーが自身のアカウントにおける認証セッションを操作して2要素認証バイパスできる脆弱性に対処した。

またデータベース名など機密性が高い情報がURLの一部となるおそれがあることから、オプションで暗号化できる設定を用意。エラーメッセージにホスト名やIPアドレスが表示されることも、設定によって抑制することが可能となった。

さらに「同5.1.2」では、設定ページにおいて「クロスサイトスクリプティング(XSS)」や「HTMLインジェクション」といった攻撃において必要となる情報が窃取されるおそれがある問題へ対応。さらに互換性の向上やバグ修正などをあわせて実施している。

(Security NEXT - 2022/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正
Oracleが定例アップデート公開 -のべ327件の脆弱性を修正
「Firefox 109」、脆弱性10件を修正 - セキュリティ強化も