Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に

JPCERTコーディネーションセンターは、2021年第4四半期に同センターが把握したインシデントの状況について取りまとめた。インシデント件数は前四半期を上回り、なかでも「マルウェアサイト」や「ウェブ改ざん」の増加が目立っている。

同センターによれば、同四半期に寄せられたインシデントの報告は1万1870件。前四半期の1万2469件から5%減少した。

一方で報告から重複を除いたインシデント件数は9807件となり、前四半期の8786件から1021件増加している。10月は3045件だったが、11月に3302件、12月は3460件と増加傾向が見られた。

サイト管理者などに対応を依頼した調整件数は6554件で、前四半期の4714件から39%増加した。

インシデントの内訳を見ると、「フィッシングサイト」が前四半期の6311件から13%増となる7125件でインシデント全体の72.7%を占めている。

(Security NEXT - 2022/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性