Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社

丸和運輸機関の子会社で文書管理サービスを手がけるアズコムデータセキュリティは、委託元より預かった個人情報含む書類が、保存箱ごと所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、国家公務員共済組合連合会より預かった文書保存箱1箱を紛失したもの。2021年12月16日に判明した。

所在不明となっているのは、前日15日に預かった文書保管箱19箱のうちの1箱で、同団体の年金関係書類である「退職届」や「組合員期間等証明書」など個人情報を含む872人分の書類が収納されていたという。

同社では12月17日に同会へ報告。対象者に対しては、同団体より書面を通じて経緯の説明などを行っている。

(Security NEXT - 2022/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害