Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都

都営住宅の入居者募集業務を委託している東京都住宅供給公社において、個人情報が記載された都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明になっていることがわかった。

都によれば、都営住宅の抽選番号を通知するハガキ133件が郵便局より発送されずに所在がわからなくなっているもの。これらハガキには、2021年11月に都営住宅へ申し込んだ関係者の氏名、住所、申込地区番号および抽選番号が記載されている。

同公社より2021年12月にハガキを発送することとなっていたが、年が明けた1月5日に顧客から問い合わせがあり、同月7日に対象となる133世帯へハガキが届いていないことが判明。郵便局へハガキを持ち込んだ際に発行される書類も見当たらないという。

同社では、対象となる申込者に電話または訪問して謝罪。抽選番号を伝えるとともに申込者より預かった切手を返却する。都と同社では引き続き原因について調査を進めるほか、書類管理の徹底など再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2022/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意