Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 96」がリリース、脆弱性18件を修正 - CSRF対策も

Mozilla Foundationは、機能強化や脆弱性の修正を実施したブラウザの新版「Firefox 96」をリリースした。

今回のアップデートでは、負荷の軽減やノイズ抑制によるエコーキャンセル効果の向上、「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」対策となるCookieポリシーの実装など、機能強化を図った。

さらに18件の脆弱性を解消。これら脆弱性に、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされるものは含まれていない。

重要度が次に高い「高(High)」とされる脆弱性は9件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2022-22740」や、ヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2022-22738」のほか、「XSLT」により「Iframe」のサンドボックスをバイパスされるおそれがある「CVE-2021-4140」などへ対応した。

あわせて「中(Moderate)」とされる脆弱性6件や、「低(Low)」とされる3件について修正を行っている。また14件の脆弱性に対処した延長サポート版「Firefox ESR 91.5」についてもあわせてリリースした。

「Firefox 96」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-4140
CVE-2022-22736
CVE-2022-22737
CVE-2022-22738
CVE-2022-22739
CVE-2022-22740
CVE-2022-22741
CVE-2022-22742
CVE-2022-22743
CVE-2022-22744
CVE-2022-22745
CVE-2022-22746
CVE-2022-22747
CVE-2022-22748
CVE-2022-22749
CVE-2022-22750
CVE-2022-22751
CVE-2022-22752

(Security NEXT - 2022/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正
「Citrix Workspace App for Linux」に権限昇格の脆弱性
WordPress向けクイズプラグインに3件の脆弱性
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消