Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市

大阪市は、生野区役所地域まちづくり課においてメールの送信ミスがあり、一部新成人の個人情報が流出したことを明らかにした。

同市によれば、2021年12月23日、成人の日の式典に登壇する新成人の名簿を式典の実行委員3人にメール送信した際、1人のメールアドレスを誤り、第三者に送信するミスがあったという。

問題の名簿には、2020年度の新成人6人および2021年度の新成人11人の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日が含まれる。

翌24日にメールの受信確認を行ったところ、不着となっており、メールアドレスを確認したところ、誤ったメールアドレスへ送信していたことが判明した。

同市では、対象となる新成人に対して経緯を説明して謝罪。誤送信先に対してもメールで謝罪し、誤って送信したメールや名簿を削除するよう依頼した。

(Security NEXT - 2022/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP