Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社

ハードウェアの保守サービスやシステム導入支援などを展開する東京コンピュータサービス(東京都文京区)は、サイバー攻撃によりシステムがランサムウェアに感染したことを明らかにした。

同社によれば、2021年12月31日未明にランサムウェアの感染被害が発生したもの。同社の内部管理情報については流出を確認したとしており、顧客の取引情報についても外部に流出した可能性があるという。

ウェブサイトで発表している内容以上のことはコメントできないとして、被害規模や把握した経緯などは明らかにしていない。

同社ではシステムを再構築し、一部業務を再開したが、全面復旧には時間を要すると説明。警察へ被害を申告し、外部と連携しながら詳細な調査について進めている。

(Security NEXT - 2022/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP