Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTP Server」に2件の脆弱性 - 修正版「同2.4.52」が公開

「Apache HTTP Server」の開発チームは、脆弱性を解消した最新版となる「同2.4.52」をリリースした。

ディレクティブ「ProxyRequests」を有効化し、フォワードプロキシとして利用している場合に、「NULLポインタ参照」や「サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)」が可能となる「CVE-2021-44224」が判明した。同脆弱性の重要度は「中(Moderate)」とレーティングされている。

さらにモジュール「mod_lua Multipart parser」において細工したリクエストを処理すると、バッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2021-44790」が明らかとなった。重要度は「高(High)」。エクスプロイトコードは確認されていないが、開発チームでは、悪用が可能であると見ている。

開発チームでは、脆弱性に対処した「同2.4.52」を現地時間12月20日にリリース。アップデートの公開を受けて、脆弱性情報ポータルサイトの「JVN」などを通じても注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正