Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、一部クラウドサービスで「Log4Shell」の対応必要

Googleは、「Apache Log4j」に脆弱性「Log4Shell」が見つかった問題で、同社製品への影響について取りまとめた。一部クラウドサービスでは利用者による対応が必要になるとしている。

同社では、「Google Cloud Platform(GCP)」「Google Workspace」の利用者向けにアドバイザリを公開。現地時間12月19日時点における状況を説明している。

「Actifio」では12月15日に修正プログラムをリリース。「Dataproc」についても12月16日にあらたなイメージをリリースしており、対応を求めた。

「Looker」では、2月18日にインスタンスにおいて「Apache Log4j 2.16.0」へ更新を実施。インスタンスでは、ドライバのログを有効化しないため、影響が緩和されているとの見方を示す一方、自身でインスタンスを管理する顧客に対して手順を案内している。

「Migrate for Compute Engine」についても、「CVE-2021-44228」「CVE-2021-45046」へ対応するため、12月19日に更新を実施した。「同5.0」については影響を受けないとしている。

ただし、「Apache Log4j」に関しては、あらたに脆弱性を修正した「同2.17.0」がリリースされており、実装する製品では追加の更新などが行われる可能性もあるため、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2021/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正