Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、一部クラウドサービスで「Log4Shell」の対応必要

Googleは、「Apache Log4j」に脆弱性「Log4Shell」が見つかった問題で、同社製品への影響について取りまとめた。一部クラウドサービスでは利用者による対応が必要になるとしている。

同社では、「Google Cloud Platform(GCP)」「Google Workspace」の利用者向けにアドバイザリを公開。現地時間12月19日時点における状況を説明している。

「Actifio」では12月15日に修正プログラムをリリース。「Dataproc」についても12月16日にあらたなイメージをリリースしており、対応を求めた。

「Looker」では、2月18日にインスタンスにおいて「Apache Log4j 2.16.0」へ更新を実施。インスタンスでは、ドライバのログを有効化しないため、影響が緩和されているとの見方を示す一方、自身でインスタンスを管理する顧客に対して手順を案内している。

「Migrate for Compute Engine」についても、「CVE-2021-44228」「CVE-2021-45046」へ対応するため、12月19日に更新を実施した。「同5.0」については影響を受けないとしている。

ただし、「Apache Log4j」に関しては、あらたに脆弱性を修正した「同2.17.0」がリリースされており、実装する製品では追加の更新などが行われる可能性もあるため、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2021/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性