Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集

警察庁、総務省、経済産業省は、アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報について募集を開始した。

不正アクセス禁止法の規定に基づき、毎年政府ではアクセス制御機能に関する技術の研究開発状況を公表しており、2021年度の募集を開始したもの。

対象は、ネットワークに接続された電子計算機における電子的なアクセス制御を行う技術で、「侵入検知、防御技術」「脆弱性対策技術」「高度認証技術」「インシデント分析技術」「不正プログラム対策技術」「その他アクセス制御機能に関する技術」の6種類。すでに完成し実際に活用されているもの、または活用が可能なものに限られ、研究開発途中のものは対象外となる。

募集期間は2022年1月21日まで。応募内容より公表対象を選定し、2022年3月をめどに公表する予定。

(Security NEXT - 2021/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
国の行政機関メルマガ、「DMARC」対応1割届かず - 設定不備が4割弱
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
10月のフィッシング、報告減少するもURLは増加
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準