Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay

LINE Payは、ユーザーに関するデータがインターネット上に公開されていたことを明らかにした。グループ会社の従業員が開発プラットフォーム上にアップロードしていたという。

同社によれば、9月12日15時過ぎから11月24日17時前にかけて、ユーザーの識別子や参加したキャンペーンに関する情報が「GitHub」上に公開されており、部外者によるアクセスが行われていたことが判明したもの。

アップロードされたデータには、国内アカウント5万1543件を含め、国内外あわせてLINE Payユーザーアカウント13万3484件に関する情報が含まれる。

具体的には、2020年12月26日から2021年4月2日にかけて、オンラインサービス「LINE」内でユーザーを識別するために用いた識別子や、同社システムで加盟店の識別に用いる加盟店管理番号、キャンペーンの名称や決済金額、決済日時など含むキャンペーン情報などが公開されていた。

氏名や住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号、銀行口座番号などは含まれていないとしている。

(Security NEXT - 2021/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正