Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay

LINE Payは、ユーザーに関するデータがインターネット上に公開されていたことを明らかにした。グループ会社の従業員が開発プラットフォーム上にアップロードしていたという。

同社によれば、9月12日15時過ぎから11月24日17時前にかけて、ユーザーの識別子や参加したキャンペーンに関する情報が「GitHub」上に公開されており、部外者によるアクセスが行われていたことが判明したもの。

アップロードされたデータには、国内アカウント5万1543件を含め、国内外あわせてLINE Payユーザーアカウント13万3484件に関する情報が含まれる。

具体的には、2020年12月26日から2021年4月2日にかけて、オンラインサービス「LINE」内でユーザーを識別するために用いた識別子や、同社システムで加盟店の識別に用いる加盟店管理番号、キャンペーンの名称や決済金額、決済日時など含むキャンペーン情報などが公開されていた。

氏名や住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号、銀行口座番号などは含まれていないとしている。

(Security NEXT - 2021/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開表計算ファイルから個人情報が閲覧可能に - 立命館APU
保健指導関連の個人情報がノーウェアランサム被害 - 千葉市
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
農業委員会の調査フォームに不備、個人情報が流出 - 大阪府
最大888社のPマーク審査関連資料が流出した可能性 - 複数ランサムの痕跡も
転職情報サイトで不具合 - 直近勤務先から登録情報が閲覧可能に
フォーム設定ミス、学園祭イベントの参加者情報が流出 - 東京医科歯科大
地域共生事業の参加申込フォームに不備、個人情報が流出 - 鎌倉市
位置情報共有サービス「NauNau」で情報流出か - 事実関係を調査
中学校連絡網システム上に生徒情報、教員以外からも閲覧可能に - 中之条町