Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay

LINE Payは、ユーザーに関するデータがインターネット上に公開されていたことを明らかにした。グループ会社の従業員が開発プラットフォーム上にアップロードしていたという。

同社によれば、9月12日15時過ぎから11月24日17時前にかけて、ユーザーの識別子や参加したキャンペーンに関する情報が「GitHub」上に公開されており、部外者によるアクセスが行われていたことが判明したもの。

アップロードされたデータには、国内アカウント5万1543件を含め、国内外あわせてLINE Payユーザーアカウント13万3484件に関する情報が含まれる。

具体的には、2020年12月26日から2021年4月2日にかけて、オンラインサービス「LINE」内でユーザーを識別するために用いた識別子や、同社システムで加盟店の識別に用いる加盟店管理番号、キャンペーンの名称や決済金額、決済日時など含むキャンペーン情報などが公開されていた。

氏名や住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号、銀行口座番号などは含まれていないとしている。

(Security NEXT - 2021/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトでほかの顧客の個人情報が閲覧できる状態に - 平和堂
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
高校の体験講座申込フォームで設定ミス、個人情報が流出 - 大阪市
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス