Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機関紙の宛先に別の会員名、リスト作成ミスで - にいがた産業創造機構

にいがた産業創造機構は、会員向け機関紙の発送時にミスがあり、会員の個人情報が流出したことを明らかにした。

同機構によれば、11月26日に発送した機関紙「NICOプレス」において、封筒の宛先に別の会員に関する氏名や役職、部署などが記載されていたもの。

11月29日に複数の会員から電話で指摘があり、記載ミスが判明した。送付先リスト作成時の作業ミスが原因で、会員情報602件が流出したという。

同機構では、全会員935人に対し、書面やメールで謝罪を行った。

(Security NEXT - 2021/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン
高校でメール誤送信、体験授業参加者のメアド流出 - 大阪府
メール誤送信で博物館担当者のメアド流出 - 東京都教育委員会
就職イベントの案内メールに学生リストを誤添付 - 富山県
宿泊施設従業員のメルアドリストをメール誤送信 - 兵庫県
衣料品ショップのメルマガで誤送信 - 顧客のメアド流出