Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「baserCMS」の管理画面において複数の脆弱性が明らかとなった。

管理画面へアクセスできるユーザーによって悪用が可能となる脆弱性2件が判明したもの。

「CVE-2021-41243」は、「OSコマンドインジェクション」の脆弱性。またデータベースのレストア機能により、任意のコードをアップロード可能となる脆弱性「CVE-2021-41279」が明らかとなった。

「同4.5.3」および以前のバージョンが影響を受ける。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」による脆弱性のベーススコアは「CVE-2021-41243」が「8.8」、「CVE-2021-41279」が「4.3」とレーティングされている。

これら脆弱性は、情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターを通じてセキュリティ研究者より報告されたもので、開発グループでは、脆弱性を解消した「同4.5.4」をリリースした。

(Security NEXT - 2021/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正