Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」の開発チームは、複数の脆弱性を修正したアップデートをリリースした。

コア部分に実装されているライブラリ「CKEditor」に、サニタイズ処理をバイパスして不正な形式のHTMLを挿入されるおそれがあるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2021-41165」「CVE-2021-41164」が明らかとなったもの。

「CKEditor」を使用できるよう構成している場合に影響があり、サイト管理者を含め、「CKEditor」を利用するユーザーに対する攻撃に悪用されるおそれがある。

開発チームは、脆弱性に対処した「Drupal 9.2.9」「同9.1.14」「同8.9.20」をリリースした。「Drupal 8」に関しては、11月2日にサポート期間を終えており、今回のリリースが最後のアップデートだとしている。

(Security NEXT - 2021/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
「EC-CUBE 2」系に複数の脆弱性 - アップデートが公開
Siemensの「Nucleus RTOS」に13件の脆弱性が判明
パロアルトの「GlobalProtect VPN」に深刻な脆弱性 - 12月に詳細が公開予定
脆弱な「GlobalProtect VPN」、国内で400台以上が稼働か - 悪用開始前に対応を