Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco Policy Suite」に「root権限」でログインされる脆弱性

「Cisco Policy Suite」において鍵ベースのSSH認証に深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。リモートより「root権限」でログインされるおそれがあるという。

同製品のSSHサブシステムに脆弱性「CVE-2021-40119」が明らかとなったもの。同脆弱性を悪用されると、SSH経由で「root権限」によりログインされるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。11月4日の時点で脆弱性の悪用などは確認されていない。

「同20.2.0」より以前のバージョンを利用している場合は、「同21.1.0」にアップグレードするか、パッチを適用するよう求めており、「同21.1.0」についてもデフォルトの「SSHキー」を変更する必要がある。

また「同21.2.0」に関しては、新規にインストールした場合はあらたな鍵が作成されるため脆弱性の影響を受けないが、旧版よりアップデートして利用している場合はデフォルトのSSHキーを変更する必要がある。

(Security NEXT - 2021/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
「EC-CUBE 2」系に複数の脆弱性 - アップデートが公開
Siemensの「Nucleus RTOS」に13件の脆弱性が判明
パロアルトの「GlobalProtect VPN」に深刻な脆弱性 - 12月に詳細が公開予定