Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルカリのAndroidアプリに脆弱性 - 3月に修正済み、悪用報告なし

メルカリのAndroid向けアプリにアクセストークンを窃取されるおそれがある脆弱性が存在していたことがわかった。すでに修正済みで強制アップデートを実施しており、利用者への影響はないという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同社がAndroid向けに提供するアプリ「メルカリ(メルペイ)」に脆弱性「CVE-2021-20835」が存在したもの。

同脆弱性は、URLスキーム処理における不備で、アプリの利用者が悪意あるページにアクセスすると、任意のメルカリアカウントのアクセストークンを窃取されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「7.4」とレーティングされている。

RyotaK氏が同社に報告したもので、調整を経て脆弱性情報のポータルサイトであるJVNを通じて脆弱性が公表された。

同社では3月にリリースした「同4.49.1」にて脆弱性を修正済みで、強制アップデートを実施しており、利用者における脆弱性の影響はないという。脆弱性を悪用した被害についても確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2021/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性