Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県

茨城県の県立高校において、教諭が生徒119人に関する担当科目の成績表を誤って生徒に誤送信する事故が発生した。

同県によれば、同校教諭が9月14日に学習支援サービスを利用して、学習記録の提出先を示したファイルを担任を務めるクラスの生徒へわたそうとしたところ、誤って担当科目の成績一覧表3クラス119人分を送信するミスが発生したもの。

同教諭が送信後にファイルの中身を確認したところ、本来送るべきファイルと取り違え、異なるファイルを送信していることに気が付いた。すぐにデータを削除、生徒に連絡を取って閲覧状況を確認したところ、4人がファイルを閲覧していたという。

問題のファイルは、同教諭が校務支援システムを用いて成績一覧表を印刷した際に作成されたものだという。無意識のままデータ保存アイコンをクリックしたものと見られ、問題が明らかとなるまでデータが意図せず保存されたことに気がついていなかった。

同校では、翌15日に対象となる生徒や保護者に対して電話で経緯を説明するとともに謝罪。保護者に対しては書面による謝罪を行ったほか、学校長による謝罪動画を生徒や保護者に配信している。

(Security NEXT - 2021/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会