Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県

長野県は、新型コロナウイルス感染症の陽性者に関する資料をファックスする際、関係ない番号へ送信するミスがあったことを公表した。短縮ダイアルを意図せず押してしまったという。

同県によれば、9月15日13時前に新型コロナウイルス感染症陽性者4人分の個人情報が記載された資料を医療機関へファックス送信する際、送信先ではない報道機関6社に対しても誤って送信したもの。報道機関から指摘があり問題が判明した。

医療機関へ短縮ダイヤルを用いて送信する際、報道機関の短縮ダイヤルにも触れて同報送信が設定されたが、気づかずそのまま送信してしまったという。

誤送信の判明後、報道機関各社を訪問して資料の回収や削除を依頼。対象となる陽性者にも謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
取引先へのメールに顧客情報を誤添付 - 岐阜のCATV
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
「CC」送信でメアド流出、取消処理メールでも - 東京都