Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix Hypervisor」に5件の脆弱性 - ゲストVMよりホストが侵害されるおそれ

Citrix Systemsの「Citrix Hypervisor」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。

バージョンによって影響を受ける脆弱性が異なるが、権限の昇格やサービス拒否の脆弱性など、CVEベースで5件の脆弱性が明らかとなったもの。

脆弱性を組み合わせて悪用された場合、ゲストマシンよりホスト上でコードを実行されたり、クラッシュするおそれがあるという。

同社では、脆弱性に対処したホットフィクスを「Citrix Hypervisor 8.2 LTSR」「同7.1 LTSR」向けにリリース。利用者にアップデートを呼びかけている。

今回同社が修正した脆弱性は以下のとおり。なお「CVE-2021-28699」に関しては「同8.2 LTSR」のみ影響を受けるとしている。

CVE-2021-28694
CVE-2021-28697
CVE-2021-28698
CVE-2021-28699
CVE-2021-28701

(Security NEXT - 2021/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を