Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス

小田急バスは、窓口で発行した東京都シルバーパスの申込書を誤って裁断処理したことを公表した。

同社によれば、6月1日に武蔵境営業所、三鷹案内所、狛江営業所、成城案内所、新百合ケ丘案内所でシルバーパスを購入した顧客の申込書を本社で回収後、東京バス協会へ送付するまでの間に担当者が誤って廃棄したもの。

申込書を廃棄したため、東京バス協会で購入者の個人情報が登録できず、次回更新の案内が購入者に届いていないという。

同社では、該当日に該当の窓口でシルバーパスを購入した顧客は、同社へ連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
行政文書開示請求者に個人情報を誤開示 - 生駒市