Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で研修申込者のメアド流出 - 港区

東京都港区は、子ども家庭支援センターが実施する研修の申込者に対し送信した開催中止を通知するメールにおいて誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同区によれば、7月26日に職員が「令和3年度要保護児童対策地域協議会第2回関係機関研修」の申込者30人に送信した開催中止を通知するメールにおいて、誤送信が発生したもの。

送信先のメールアドレスを宛先に設定したため、受信者間にメールアドレスが表示される状態となった。流出したメールアドレスのうち、6人分については個人のメールアドレスとしている。

同区では個人のメールアドレスが流出した6人に対し謝罪するとともに、メールを送信した全員に誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2021/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道