Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す

「日本年金機構」を装うフィッシング攻撃の報告が寄せられているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

同機構を装い、「個人年金電子ファイル情報更新」といった件名でフィッシングメールが送信されているもの。同協議会によれば、8月2日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されている。

メールの本文では、「電子年金ファイル」を有効にするには、以前に登録した個人年金情報を更新する必要があるなどと説明。リンク先より偽サイトに誘導していた。

フィッシングサイトでは、氏名、住所、生年月日、電話番号、メールアドレス、基礎年金番号のほか、認証などとだましてクレジットカード情報を入力させる。ドメインは、「.shop」ドメインでホストされているが、サブドメインに「nenkin.go.jp」を設定し、正規サイトへ見せかけようとしていた。

「日本年金機構」を装うフィッシング攻撃は、過去にもたびたび確認されている。同協議会では、閉鎖に向けて同サイトの調査を進めており、類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開