Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響

複数ベンダーのルータ製品に採用されているArcadyan製ソフトウェアに脆弱性が判明した。

ディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2021-20090」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると認証を回避されてアクセストークンなど機密情報を窃取され、設定を変更されるおそれがある。脆弱性を報告したTenableでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを「8.1」と評価している。

Arcadyan製品はもちろん、同ソフトを搭載するASUS、Deutsche Telekom、Verizonをはじめとする複数のベンダーに影響があり、国内メーカーではバッファローの7製品が脆弱性の影響を受ける。

またバッファローの「WSR-2533DHPL2」「WSR-2533DHP3」については、同脆弱性にくわえて、コードインジェクションの脆弱性「CVE-2021-20091」や、アクセス制御不備の脆弱性「CVE-2021-20092」などもあわせて明らかとなっている。

Arcadyanではファームウェアをリリース。バッファローでは2製品に対してファームウェアのアップデートを公開した。影響を受ける他製品についてもファームウェアの準備を進めており、提供まで緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も