Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査

「Windows」において権限の昇格が可能となるゼロデイ脆弱性が明らかになった。アップデートは用意されておらず、マイクロソフトでは調査を進めている。

管理者権限を持たないユーザーが、システムファイルである「Security Accounts Manager(sam)」「system」「security」を参照できる脆弱性「CVE-2021-36934」が判明したもの。脆弱性を悪用すると「SYSTEM権限」で任意のコードが実行可能となる。

CERT/CCによれば、システムドライブの「VSS(ボリュームシャドウコピーサービス)」が有効化されており、シャドウコピーが参照できる場合に影響を受ける。

具体的には、アカウントのパスワードハッシュの抽出をはじめ、Windowsのインストールパスワード、端末内の秘密鍵を復号化できる「Data Protection API」キー、シルバーチケット攻撃が可能となるマシンアカウントを取得することなどが可能になる。

シャドウコピーは、128Gバイトを超えるシステムドライブでWindows Updateを行ったり、Windowsインストーラーを利用すると自動で作成されることから、多くのユーザーが影響を受けるおそれがある。

(Security NEXT - 2021/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper