Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ

Fortinet製品の管理機能を提供する「FortiManager」や、セキュリティ機器のログを収集、分析する「FortiAnalyzer」に認証なしにリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性が明らかとなった。

両製品で稼働するデーモン「fgfmsd」に解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2021-32589」が判明したもの。「FGFM(FortiGate to FortiManager)」プロトコルを扱うポートに対し、細工したリクエストを送りつけることで、root権限によりコードを実行することが可能だという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.1」だが、同社は危険度を5段階中もっとも高い「5」とレーティングした。

脆弱性を修正した「FortiManager 7.0.1」「同6.4.6」「同6.2.8」「同6.0.11」「同5.6.11」および「FortiAnalyzer 7.0.1」「同6.4.6」「同6.2.8」「同6.0.11」「同5.6.11」以降に更新するよう求めている。

また「FortiAnalyzer」に関しては、「FGFM」はデフォルトで有効化されておらず、影響を受けるハードウェアについても10機種に限られると説明。回避策として「FortiManager」機能の無効化を挙げている。

(Security NEXT - 2021/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも