Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャンペーン応募者宛のメールに無関係の顧客氏名 - 積水化学工業

積水化学工業は、キャンペーン応募者に対して同社よりメールを送信したところ、受信者とは無関係である顧客の氏名を記載する事故があったことを明らかにした。

同社によれば、6月17日20時45分ごろより、「賃貸住宅リユースハイムキャンペーン」の申込者に対して、申し込みの完了を知らせるメールを送信した際、275件において受信者と異なる顧客の氏名が記載されたという。

送信リストの編集時に、顧客の氏名とメールアドレスにズレが生じたまま送信先を設定してしまったという。同社では、対象となる顧客に対してメールで経緯を報告し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
ファイル取り違え、個人情報残る報告書をサイトで公開 - 滋賀県
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件