Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaseya、ゼロデイ攻撃受けたIT管理製品のアップデートを公開

KaseyaのITリモート管理プラットフォーム「Kaseya VSA(Virtual System Administrator)」がゼロデイ攻撃を受けた問題で、同社は脆弱性を修正したアップデートをリリースした。適用にあたっては事前準備が必要となる。

同製品は、IT環境の可視化や監視、パッチおよび脆弱性などの管理機能などを備えた管理プラットフォーム。マネージドサービスプロバイダ(MSP)でも採用されている。同社は現地時間7月2日に同プラットフォームが攻撃を受けていることを公表。アップデートの準備を進めていた。

同社は、現地時間7月11日にSaaS型サービスの再開に向けた復元作業を進めるとともに、オンプレミス向けに脆弱性を修正するアップデート「Kaseya VSA 9.5.7a(9.5.7.2994)」をリリースした。

具体的には、今回ゼロデイ攻撃の標的となった「CVE-2021-30116」を修正。リモートからの攻撃で認証情報が漏洩する脆弱性で、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.8」と評価されている。

あわせて同アップデートでは「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2021-30119」や、二要素認証がバイパスされるおそれがある「CVE-2021-30120」を修正した。

(Security NEXT - 2021/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に