Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトで利用する製品レビューツールに不正アクセス - マウス

マウスコンピューターは、同社ウェブサイトで製品利用者のレビューを掲載するために利用している外部ツールが不正アクセスを受け、一部顧客情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、同ツールを提供する外部事業者において、5月10日に不正アクセスを検知。調査を実施したところ、同ツールのサーバに保存されていた顧客や取引先のメールアドレス、注文した製品名が流出したことが判明した。6月24日に同ツールの提供事業者より流出した情報の詳細について報告があったという。

同社は本誌取材に対し、ツールの具体的な名称や流出対象となる顧客の件数についてコメントを避けた。公表にあたってはツール提供事業者へ確認を取る必要があり、回答が得られていないと理由を述べている。

また今回の不正アクセスについては、あくまで外部ツールのサーバに対するものとし、同社ウェブサイトへの影響については否定した。対象となる顧客に対しては、7月6日よりメールで経緯の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
サーバがランサム感染、個人情報流出の可能性 - 豊島
Dropboxの電子署名サービスに不正アクセス - 顧客情報が流出
サイトで閲覧障害、影響や詳細を調査 - メディキット
UTM設置時のテストアカウントが未削除、ランサム感染の原因に
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー