Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

訪日外国人向け入出国ゲートの登録システムに不正アクセス

出入国在留管理庁は、訪日外国人の空港におけるスムーズな出入国手続きを提供する「トラスティドトラベラープログラム(TTP)」の一部システムが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

「トラスティドトラベラープログラム」は、観光やビジネス目的で頻繁に訪日する信頼できる外国人に対して、上陸許可の証明となる登録カードを発行し、空港に設置された自動化ゲートよりスムーズに入国できるシステム。NECが受託運営している。

今回、インターネット経由で同プログラムへ登録するシステムが不正アクセスを受けていたことが判明したもので、5月末に同システムにおいてマルウェアが検出されたという。

調査を行ったところ、インターネット経由による不正アクセスにより、同システムの構成機器に関する情報が流出した可能性があることが判明した。システム内部に保存されていた登録者に関する情報の流出については否定している。

不正アクセスが判明した日時や経緯、マルウェアの具体的な内容など、セキュリティ上の理由からコメントできないとしている。

(Security NEXT - 2021/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで