Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

訪日外国人向け入出国ゲートの登録システムに不正アクセス

出入国在留管理庁は、訪日外国人の空港におけるスムーズな出入国手続きを提供する「トラスティドトラベラープログラム(TTP)」の一部システムが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

「トラスティドトラベラープログラム」は、観光やビジネス目的で頻繁に訪日する信頼できる外国人に対して、上陸許可の証明となる登録カードを発行し、空港に設置された自動化ゲートよりスムーズに入国できるシステム。NECが受託運営している。

今回、インターネット経由で同プログラムへ登録するシステムが不正アクセスを受けていたことが判明したもので、5月末に同システムにおいてマルウェアが検出されたという。

調査を行ったところ、インターネット経由による不正アクセスにより、同システムの構成機器に関する情報が流出した可能性があることが判明した。システム内部に保存されていた登録者に関する情報の流出については否定している。

不正アクセスが判明した日時や経緯、マルウェアの具体的な内容など、セキュリティ上の理由からコメントできないとしている。

(Security NEXT - 2021/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性