Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に

5月に「Apple」のブランドを悪用するフィッシングサイトの増加が観測された。新商品の発表に攻撃者が便乗し、同ブランドを集中的に狙っている可能性もある。

BBソフトサービスによると、同社製品を通じて観測した「Apple」を装うフィッシングサイトは、5月に前月比約5.4倍となる353件へと急増したという。おもに、フィッシングメールを送り付けて偽のログインページに誘導し、IDとパスワードやクレジットカード情報を詐取する手口だった。

223件を観測した2019年2月を境に同ブランドを装うケースは減少傾向となり、2020年5月以降は50件以下の水準で推移していたが、4月は65件と1年ぶりに50件を上回り、5月はさらなる急増を見せた。Appleでは、現地時間4月20日にイベントを開催して新商品を発表しており、こうした状況に便乗した可能性もあるという。

同社が観測したフィッシングサイトにおいて、ブランドごとの統計を見ても、4月は全体で5番目、5月は三井住友カードについで2番目に多く、6月以降の動向についても注目される。

(Security NEXT - 2021/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消