Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員宛てのメールを学生1142人へ誤って同報 - 秋田県立大

秋田県立大学は、職員が教員宛てに送信したメールを、本荘キャンパスの全学生に誤って送信したことを明らかにした。

同大によれば、6月23日14時半ごろ、職員が教員1人に対してメールを送信したが、誤って本荘キャンパスの全学生1142人を送信先とするメールアドレスを「CC」に追加してしまったという。

「CC」に記載したメールアドレスは、本荘キャンパスの全学生を対象とする一括送信用のメールアドレスであるため、学生個々のメールアドレスが受信者間に流出することはなかったが、同メールの本文には、氏名を含む学生からの相談内容が記載されていた。

同職員は、送信から約1時間後に全送信先に対してメールで謝罪し、問題のメールについて削除するよう依頼。個人情報が記載されていた学生には、電話で経緯を説明して謝罪した。

誤操作によりアドレス帳より関係ない送信先を追加したものと見られるが、同大では詳しい経緯について、これから同職員に対して直接ヒアリングを実施し、調べていくという。また調査結果をもとに、職員に対する注意喚起のほか、技術的な誤送信対策をシステムに導入するなど対策を講じる方針。

(Security NEXT - 2021/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社