Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え

鳥取県は、原爆の被爆者に対する健康診断の案内において、文書の誤送付が発生したことを明らかにした。

被爆者向けに健康診断を案内する文書を5月27日に発送したが、同姓である別の被爆者に誤って送付するミスが発生したもの。封筒の宛名氏名以外に個人情報の記載はないという。

データベースを参照して送付者リストを作成した際、送付先住所の修正時に誤って同姓である別人の住所を登録してしまったもので、そのまま案内文書を発送してしまったという。誤って登録された被爆者のもとに本来の文書と重複して届いたことから問題が判明した。

6月1日に誤送付が発覚し、同県では誤送付先を訪問して謝罪するとともに文書を回収。本来の送付先である被爆者に対しても謝罪し、あらためて案内文書を送付した。

(Security NEXT - 2021/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
アメックス装うフィッシングに注意 - 約39万円の利用額で不安煽る
メール誤送信で保護者の一部メアドが流出 - 都保育園委託先
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正