Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団

掛川市文化財団は、6月20日に開催を予定していた「神田伯山独演会」の中止を案内するメールを送信したところ、チケット購入者のメールアドレスが外部に流出したことを明らかにした。

同財団によれば、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で公演が中止となったため、6月8日17時ごろ、掛川市二の丸美術館より、チケット購入者に対して公演の中止や払い戻しについて案内するメールを送信したところ、送信先のメールアドレス411件を宛先に設定したため、受信者間にメールアドレスが流出したという。

受信者から電話やメールで誤送信を指摘する連絡が6件あり、誤送信が判明。関係者に謝罪した。

同財団では、インターネットの利用に関する事務手続きの見直しや教育などを徹底するほか、BCCを利用しないで同報配信が行えるソフトの導入など、技術的な対策についても検討しており、再発防止に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2021/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション