Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団

掛川市文化財団は、6月20日に開催を予定していた「神田伯山独演会」の中止を案内するメールを送信したところ、チケット購入者のメールアドレスが外部に流出したことを明らかにした。

同財団によれば、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で公演が中止となったため、6月8日17時ごろ、掛川市二の丸美術館より、チケット購入者に対して公演の中止や払い戻しについて案内するメールを送信したところ、送信先のメールアドレス411件を宛先に設定したため、受信者間にメールアドレスが流出したという。

受信者から電話やメールで誤送信を指摘する連絡が6件あり、誤送信が判明。関係者に謝罪した。

同財団では、インターネットの利用に関する事務手続きの見直しや教育などを徹底するほか、BCCを利用しないで同報配信が行えるソフトの導入など、技術的な対策についても検討しており、再発防止に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2021/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
研修会申込者1人のメアドを全申込者へ誤送信 - 東京都
メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞