Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団

掛川市文化財団は、6月20日に開催を予定していた「神田伯山独演会」の中止を案内するメールを送信したところ、チケット購入者のメールアドレスが外部に流出したことを明らかにした。

同財団によれば、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で公演が中止となったため、6月8日17時ごろ、掛川市二の丸美術館より、チケット購入者に対して公演の中止や払い戻しについて案内するメールを送信したところ、送信先のメールアドレス411件を宛先に設定したため、受信者間にメールアドレスが流出したという。

受信者から電話やメールで誤送信を指摘する連絡が6件あり、誤送信が判明。関係者に謝罪した。

同財団では、インターネットの利用に関する事務手続きの見直しや教育などを徹底するほか、BCCを利用しないで同報配信が行えるソフトの導入など、技術的な対策についても検討しており、再発防止に努めたいとしている。

(Security NEXT - 2021/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで