Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁

消費者庁において、会議をオンラインより傍聴したいとする希望者に対して招待メールを準備していたところ、対象者のメールアドレスが流出する事故が発生した。オンライン会議ソフトより招待しようと試みていたところ、操作を誤ったという。

同庁表示対策課において、「第1回アフィリエイト広告等に関する検討会」の開催にあたり、会議前日の6月9日14時半ごろ、オンラインによる傍聴希望者へ案内する招待メールについて準備を進めていたところ、傍聴希望者96人分のメールアドレスが記載された招待メールを送信してしまったという。

同庁によれば、招待メールの送信準備にあたり、オンライン会議ソフトの「Zoom」を操作していたところ、誤ってGoogleカレンダーとの連携ボタンを押し、Googleカレンダーより、宛先として希望者全員のメールアドレスが記載された招待メールを送信してしまったという。

約10分後に傍聴者より問い合わせがあり、問題に気がついた。同庁では受信者に対して謝罪するとともに、メールの削除を依頼。

再発防止に向けては、職員における教育を徹底し、担当者によるチェックを強化。オンライン会議の招待にはオンライン会議ソフトの機能は用いず、従来より行ってきたメールのBCCを利用してURLを通知するとしている。

(Security NEXT - 2021/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で