Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁

消費者庁において、会議をオンラインより傍聴したいとする希望者に対して招待メールを準備していたところ、対象者のメールアドレスが流出する事故が発生した。オンライン会議ソフトより招待しようと試みていたところ、操作を誤ったという。

同庁表示対策課において、「第1回アフィリエイト広告等に関する検討会」の開催にあたり、会議前日の6月9日14時半ごろ、オンラインによる傍聴希望者へ案内する招待メールについて準備を進めていたところ、傍聴希望者96人分のメールアドレスが記載された招待メールを送信してしまったという。

同庁によれば、招待メールの送信準備にあたり、オンライン会議ソフトの「Zoom」を操作していたところ、誤ってGoogleカレンダーとの連携ボタンを押し、Googleカレンダーより、宛先として希望者全員のメールアドレスが記載された招待メールを送信してしまったという。

約10分後に傍聴者より問い合わせがあり、問題に気がついた。同庁では受信者に対して謝罪するとともに、メールの削除を依頼。

再発防止に向けては、職員における教育を徹底し、担当者によるチェックを強化。オンライン会議の招待にはオンライン会議ソフトの機能は用いず、従来より行ってきたメールのBCCを利用してURLを通知するとしている。

(Security NEXT - 2021/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション