Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も

フリーマーケットアプリ「メルカリ」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。不正ログインされたアカウントが決済サービス「メルペイ」で悪用される被害も発生しており、同社は注意喚起を行った。

同サービスを装った「メール」や「ショートメッセージ(SMS)」を送りつけ、有効期限が切れてアカウントの確認が必要であるなどとだまし、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたもの。対応しないと機能を制限し、出品が取り下げになるなどと不安を煽っていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、ログインに用いるメールアドレスやパスワードをはじめ、名前、住所、電話番号、クレジットカード情報などの入力を促していた。

メルカリの子会社であるメルペイによれば、6月以降、フィッシングサイトやフィッシングメールの観測数が増加しており、断続的にあらたなフィッシングサイトの設置を確認しているという。

(Security NEXT - 2021/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「エポスカード」を装うフィッシング攻撃 - 利用確認装う手口
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
「Evernote」のフィッシングが発生 - メール件名にある「印象筆記」とは
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
新型コロナのワクチン予約に見せかけた悪意あるSMSに注意
AMEXの利用者狙ったフィッシング - 利用確認装う手口
「イオンカード」装うフィッシング攻撃に注意
「ファミマTカード」を装うフィッシング攻撃に注意 - T会員番号なども詐取
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
「ヨドバシカメラ」を装うフィッシングに注意