Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ

ネットマーケティングのコーポレートサイトにおいて、問い合わせフォームより送信された個人情報などがキャッシュとして残存し、本人以外から閲覧可能となる不具合が発生した。

2021年5月19日11時から同月22日15時にかけて、同フォームに入力された内容が残存し、あとからフォームを利用した第三者より閲覧できる状態となっていたもの。顧客より、他人の情報が閲覧できる状態になっているとの指摘があり、問題が判明した。

同社によると、5月19日にサーバを増強するため、プラットフォームを移行したが、設定に不備があり、投稿したデータのキャッシュが残存する不具合が生じたという。

期間中に同フォームを利用した37人において、入力項目である会社名や部署名、URL、氏名、電話番号、メールアドレス、問合せ内容などの個人情報が閲覧された可能性がある。

(Security NEXT - 2021/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
公表資料の墨塗り処理に不備、秘匿情報が閲覧可能に - 新潟大
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
ワクチン予約サイトの申込フォームに別人の個人情報 - 神奈川県
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ