Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大

岐阜大学は、3月に公表した資料に個人情報が含まれており、第三者が閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同大によれば、外部サイトで個人情報の記載部分を目視できないよう、黒く塗りつぶしたPDFファイルを公開したが、黒塗り部分を外して内容を閲覧できる状態だったという。

同大の学生より3月26日に情報提供があり問題が判明。同サイトで公開していたほかの資料についても調査したところ、同様の処理が行われていたため、個人情報を閲覧できる資料が複数存在することがわかった。

これらファイルには、学生197人分の氏名、学籍番号、学生寮部屋番号、生年月日などが記載されていた。閲覧可能となっていたファイルの具体的な件数については明らかにしていない。

(Security NEXT - 2021/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公表資料の墨塗り処理に不備、秘匿情報が閲覧可能に - 新潟大
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
複数の開示文書データに個人情報、墨塗りするも識別可能に - 豊田市
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
調査対象者や抗議文発信者の情報が漏洩、墨塗り不十分で - 大阪府
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市