Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大

岐阜大学は、3月に公表した資料に個人情報が含まれており、第三者が閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同大によれば、外部サイトで個人情報の記載部分を目視できないよう、黒く塗りつぶしたPDFファイルを公開したが、黒塗り部分を外して内容を閲覧できる状態だったという。

同大の学生より3月26日に情報提供があり問題が判明。同サイトで公開していたほかの資料についても調査したところ、同様の処理が行われていたため、個人情報を閲覧できる資料が複数存在することがわかった。

これらファイルには、学生197人分の氏名、学籍番号、学生寮部屋番号、生年月日などが記載されていた。閲覧可能となっていたファイルの具体的な件数については明らかにしていない。

(Security NEXT - 2021/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業補助金の採択者情報、元関係者が不正持出か - 支援実績と営業に利用
会議録のマスキングに不備、個人情報が閲覧可能に - 加東市
統合型リゾート(IR)の公開資料で墨塗り処理に不備 - 観光庁
政務活動費収支報告書の関連書類でマスキング漏れ - 鹿児島市
いじめ調査報告書の関連文書、墨塗り処理に不備 - 埼玉県
配布資料の黒塗りした患者情報が閲覧可能に - 鹿児島大病院
いじめ調査報告書、墨塗り処理に不備 - さいたま市
公開議事録の墨塗りに不備、個人情報参照可能に - 羽曳野市
資料の墨塗りに不備、個人情報が参照可能に - 鹿児島県
公開資料に非公開とすべき個人情報、墨塗するも不備 - 東京都