Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン

DINOS CORPORATIONは、通信販売サイト「ディノスオンラインショップ」がパスワードリスト攻撃を受け、なりすましによる不正ログイン41件が確認されたことを明らかにした。

同社によれば、5月12日に海外のIPアドレスより、同サイトに対して1605回のログイン試行が行われたもの。そのうち41件のアカウントがログインを許し、氏名や会員ステータス、割引率などが不正に閲覧された可能性がある。

同社では、今回の不正ログインに使われたメールアドレスとパスワードについて、外部で入手されたものであるとし、同社経由の流出を否定した。

同社では不正アクセス元のIPアドレスからの通信を遮断。不正ログインの対象となったアカウントについてログインを停止し、対象の顧客に連絡を取っている。また従来よりパスワードの使い回しなどに注意喚起を行ってきたが、引き続き利用者にパスワード管理の徹底を呼びかけていく。

(Security NEXT - 2021/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出