Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン

DINOS CORPORATIONは、通信販売サイト「ディノスオンラインショップ」がパスワードリスト攻撃を受け、なりすましによる不正ログイン41件が確認されたことを明らかにした。

同社によれば、5月12日に海外のIPアドレスより、同サイトに対して1605回のログイン試行が行われたもの。そのうち41件のアカウントがログインを許し、氏名や会員ステータス、割引率などが不正に閲覧された可能性がある。

同社では、今回の不正ログインに使われたメールアドレスとパスワードについて、外部で入手されたものであるとし、同社経由の流出を否定した。

同社では不正アクセス元のIPアドレスからの通信を遮断。不正ログインの対象となったアカウントについてログインを停止し、対象の顧客に連絡を取っている。また従来よりパスワードの使い回しなどに注意喚起を行ってきたが、引き続き利用者にパスワード管理の徹底を呼びかけていく。

(Security NEXT - 2021/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック