Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン

DINOS CORPORATIONは、通信販売サイト「ディノスオンラインショップ」がパスワードリスト攻撃を受け、なりすましによる不正ログイン41件が確認されたことを明らかにした。

同社によれば、5月12日に海外のIPアドレスより、同サイトに対して1605回のログイン試行が行われたもの。そのうち41件のアカウントがログインを許し、氏名や会員ステータス、割引率などが不正に閲覧された可能性がある。

同社では、今回の不正ログインに使われたメールアドレスとパスワードについて、外部で入手されたものであるとし、同社経由の流出を否定した。

同社では不正アクセス元のIPアドレスからの通信を遮断。不正ログインの対象となったアカウントについてログインを停止し、対象の顧客に連絡を取っている。また従来よりパスワードの使い回しなどに注意喚起を行ってきたが、引き続き利用者にパスワード管理の徹底を呼びかけていく。

(Security NEXT - 2021/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害