Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、5月の月例セキュリティパッチをリリース

SAPは、現地時間5月11日に月例セキュリティパッチをリリースした。緊急度が高い既存アドバイザリとあわせて利用者に対応を求めている。

各社が、定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてアップデートをリリースしたもの。新規に6件のアドバイザリを公開し、既存アドバイザリのアップデートとあわせて11件への対応を呼びかけている。

あらたも公開されたアドバイザリの適用優先度を見ると、4段階中2番目に高い「高(High)」が3件、1段階低い「中(Medium)」が2件、もっとも低い「低(Low)」が1件だった。

新規公開で適用優先度「高(High)」とされる脆弱性において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアがもっとも高かったのは、「SAP NetWeaver AS ABAP」におけるコードインジェクションの脆弱性「CVE-2021-27611」。「8.2」とレーティングされている。

「SAP Business One」に関する「CVE-2021-27616」と「CVE-2021-27613」が、いずれも「7.8」で続いた。

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正