Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、5月の月例セキュリティパッチをリリース

また従来より注意喚起が行われている2018年8月にアップデートがリリースされた「Google Chromium delivered with SAP」は適用優先度を4段階中もっとも高い「Hot News」として引き続き注意が呼びかけられている。

さらに4月にアドバイザリが公開された「SAP Commerce」におけるリモートよりコードを実行される脆弱性「CVE-2021-27602」、1月にリリースされた「SAP Business Warehouse and SAP BW/4HANA」のコードインジェクションの脆弱性「CVE-2021-21466」についても、「Hot News」とレーティングして、注意を喚起した。

今回11件のアドバイザリで対応が呼びかけられている脆弱性は、CVEベースで以下のとおり。

CVE-2021-21466
CVE-2021-21491
CVE-2021-27602
CVE-2021-27609
CVE-2021-27611
CVE-2021-27612
CVE-2021-27613
CVE-2021-27614
CVE-2021-27616
CVE-2021-27617
CVE-2021-27618
CVE-2021-27619

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ