Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定

ウェブマーケティング事業などを展開するジオコードのウェブサーバが不正アクセスを受け、改ざんされたことがわかった。個人情報の流出については否定している。

同社によれば、レンタルサーバで運用していた同社コーポレートサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたもの。5月7日11時ごろ、ウェブサイトへアクセスできない状態となっていることに気が付き、サーバを停止して原因や影響範囲など詳細を調べていた。

同サイトで利用していたコンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」に既知の脆弱性が存在し、ウェブサーバ内の一部ファイルが改ざんされたものと見られる。攻撃の発信元はインドネシアのIPアドレスだった。

改ざんされた状態のウェブサイトは、パソコンではアクセスできず、スマートフォンを用いてアクセスすると、不正なコードにより、外部サイトへ誘導される状態となっていた。正規のサイトであるかなど、誘導先サイトの素性は一切わかっていないが、一見「eコマースサイト」のようなサイトだったという。

同社は、改ざんされた具体的な日時を明らかにしていないが、被害に気がついた同日10時ごろの時点でウェブサイトに障害など異常は見られなかったとしている。

(Security NEXT - 2021/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
北九州市の買い物支援サイトが改ざん - 児童ポルノにリンク
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
サーバに不正アクセス、業務に支障なし - 日本ケミコン
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店