Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定

ウェブマーケティング事業などを展開するジオコードのウェブサーバが不正アクセスを受け、改ざんされたことがわかった。個人情報の流出については否定している。

同社によれば、レンタルサーバで運用していた同社コーポレートサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたもの。5月7日11時ごろ、ウェブサイトへアクセスできない状態となっていることに気が付き、サーバを停止して原因や影響範囲など詳細を調べていた。

同サイトで利用していたコンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」に既知の脆弱性が存在し、ウェブサーバ内の一部ファイルが改ざんされたものと見られる。攻撃の発信元はインドネシアのIPアドレスだった。

改ざんされた状態のウェブサイトは、パソコンではアクセスできず、スマートフォンを用いてアクセスすると、不正なコードにより、外部サイトへ誘導される状態となっていた。正規のサイトであるかなど、誘導先サイトの素性は一切わかっていないが、一見「eコマースサイト」のようなサイトだったという。

同社は、改ざんされた具体的な日時を明らかにしていないが、被害に気がついた同日10時ごろの時点でウェブサイトに障害など異常は見られなかったとしている。

(Security NEXT - 2021/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社
博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
飛鳥歴史公園の利用者向けサイトが改ざん - 無関係なコンテンツ
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
東北工業大の関連サイトで改ざん被害 - ファイル内に難読化スクリプト
不正アクセスでサイト改ざん、情報流出は否定 - 都立大