Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室

小中学生向けのプログラミング教室を運営しているSMILEMEは、イベント案内メールにおいて会員のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、4月26日16時ごろ、ゴールデンウィークのイベント案内メールを3回にわけて送信したが、3回目に送信したメールにおいて送信先を誤って「CC」に設定。受信者間でメールアドレス165件が表示される状態となった。

送信から30分後に受信者から指摘があり誤送信が判明。同社は、対象となる会員にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2021/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前