Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室

小中学生向けのプログラミング教室を運営しているSMILEMEは、イベント案内メールにおいて会員のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、4月26日16時ごろ、ゴールデンウィークのイベント案内メールを3回にわけて送信したが、3回目に送信したメールにおいて送信先を誤って「CC」に設定。受信者間でメールアドレス165件が表示される状態となった。

送信から30分後に受信者から指摘があり誤送信が判明。同社は、対象となる会員にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2021/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ