Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 14.5」「iPadOS 14.5」をリリースした。

今回のアップデートでは、マスク着用時に「Apple Watch」を用いたロックの解除や、アプリによるトラッキングの透明性を高めるなど機能強化のほか、CVEベースであわせて50件の脆弱性を解消した。

カーネルに関する脆弱性9件やWebKitに関する脆弱性5件をはじめ、ウォレットやFaceTime、パスワード管理、アクセシビリティ、App Store、Heimdal、画像オーディオ、フォント処理、テキスト処理など、修正は多岐にわたる。

脆弱性によって影響は異なるが、悪用されると任意のコードを実行されたり、権限昇格、情報漏洩、サービス拒否、意図しない操作などが行われるおそれがある。

今回のアップデートを通じて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-7463
CVE-2021-1739
CVE-2021-1740
CVE-2021-1807
CVE-2021-1808
CVE-2021-1809
CVE-2021-1811
CVE-2021-1813
CVE-2021-1815
CVE-2021-1816
CVE-2021-1817
CVE-2021-1820
CVE-2021-1822
CVE-2021-1825
CVE-2021-1826
CVE-2021-1830
CVE-2021-1831
CVE-2021-1832
CVE-2021-1835
CVE-2021-1836
CVE-2021-1837
CVE-2021-1843
CVE-2021-1846
CVE-2021-1848
CVE-2021-1849
CVE-2021-1851
CVE-2021-1852
CVE-2021-1854
CVE-2021-1857
CVE-2021-1858
CVE-2021-1860
CVE-2021-1864
CVE-2021-1865
CVE-2021-1867
CVE-2021-1868
CVE-2021-1872
CVE-2021-1874
CVE-2021-1875
CVE-2021-1877
CVE-2021-1881
CVE-2021-1882
CVE-2021-1883
CVE-2021-1884
CVE-2021-1885
CVE-2021-30652
CVE-2021-30653
CVE-2021-30656
CVE-2021-30659
CVE-2021-30660
CVE-2021-30661

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正