Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、一部ゲームデータが被害 - タイトー

タイトーは、サーバが不正アクセスを受け、スマートフォン向けゲームアプリ「ラクガキ キングダム」に関する一部データが削除され、外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、4月22日にユーザーからゲーム内のデータがダウンロードできないとの問い合わせがあり、調べたところ不正アクセスの形跡を発見。さらに調査を行ったところ、ゲームデータの一部が削除されたり、流出した可能性があることが判明した。

不正アクセスを受けたのは、ユーザーが同ゲーム内で作成した「ラクガキ」と呼ばれる、ゲーム内で使用できるキャラクターを保存したデータベースのサーバだという。不正アクセスを受けたサーバ内に個人情報は保存されていなかったとしている。

ゲームデータについては、一般のパソコンでは再現できないデータ形式で保存されており、今回流出した可能性があるゲームデータも「ラクガキ キングダム」固有のデータ形式であると同社は説明している。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
読売新聞オンライン、アカウント2070件に不正ログインの疑い - 試行や失敗の増加も