Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化

警察庁は、SMSを利用した本人認証の代行が犯罪インフラ化しているとして、都道府県警察へ取り締まりの強化を指示した。

SMS認証は、携帯電話番号に対してワンタイムパスワードなどをショートメッセージサービス(SMS)を通じて送信し、携帯電話番号の所有者であることを確認する「多要素認証」のひとつとして利用されている。携帯電話の契約時に本人確認が行われていることを前提に、金融機関などによる「なるすまし」の対策のひとつとして利用されている。

これらの抜け穴となっているのが「SMS認証代行」。認証コードを利用者に代わって受信し、利用者に提供する行為で、提供を受けた側では「なりすまし」による不正アカウントの設定が可能となる。SMSを提供する通信事業者が、本人確認を行っていないケースがあることなども、拍車をかけている。

「SMS認証代行」の問題については、サイバーセキュリティ政策会議や、業界団体のIT団体連盟などが、通信事業者による契約時に本人確認の徹底を求める提言を行っている。

同庁では総務省と連携し、1月に業界団体のテレコムサービス協会に契約時の確実な本人確認を要請。同協会では、SMS機能付きデータ通信契約における本人確認について、加盟事業者による自主的な取り組みとして進める申し合わせを行った。

また同庁は、都道府県警察に対し、SMS認証代行を含む犯罪インフラに対し、法令に違反する悪質事業者に対して取り締まりを強化するよう指示している。

(Security NEXT - 2021/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
さまざまな口実でで不安煽る「メルカリ」や「メルペイ」装うフィッシング
ドコモオンラインショップでギフトコードの不正購入被害 - 回線認証を逆手に
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
業務情報用いて私的SMSを送信、職員を停職処分 - 妙高市
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
JICA関係者をかたる詐欺メールに注意 - 金銭や個人情報を要求
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多